フリーランサーが会社員より稼がないといけない理由

フリーランスが会社員より稼がないといけない理由ですが、一言で言うならば、「会社の補助が無いから」です。

詳細は長くなるので割愛しますが、会社員の場合、厚生年金や健康/介護保険料や雇用保険料は、会社が半額を払ってくれています。

会社によっては追加で確定拠出年金(企業型)の掛金まで払ってくれたりもします。

フリーランスになった途端、これらがなくなるので、健康/介護保険料はこれまで以上に高額になり、失業や労災の対処は自力で何とかする必要があり、老後に備えて蓄えておかないといけないお金がよりたくさん必要になります。

だから、会社員であった時よりも多く稼がないと、同レベルの生活はできないことになります。

安易に会社を辞めてしまうと苦労することになります。

しかし、そうは言っても、本業がある人が副業に費やせる時間は限られています。

時間が限られている以上、副業(翻訳)の収入の額が本業の収入の額を超えるのを待ってから脱サラするなんてことは、普通は無理でしょう。

ということは多くの場合、フリーランスになってすぐにたくさん稼げるわけではないので、最初は出費を抑える必要があります。

出費を抑える方法として、国外であったり、国内でも田舎であったり、物価が安い場所に移り住むという案があります。

【先日書いた関連記事】
海外移住と健康保険

 

ブログランキングに参加しています。
たまにクリックしていただけると励みになります。
また、同じトピックの上位ランキングブログがご覧いただけます。
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

RSS (feedly)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。