【コロナウィルス対策】買うべきマスクとアルコール

コロナウィルスによる新型肺炎による死者が増え続けています。

感染すると約10日後に呼吸困難になるという大変危険な感染症です。

日本でもフィリピンでも他人事ではなく、真面目に対策した方がよい状況になっています。

具体的な対策について解説します。

また、フィリピンで購入できる消毒用アルコールも紹介します。

【コロナウィルス対策】買うべきマスクとアルコール

まず、2020/2/3時点で日本とフィリピンを比較した場合、日本の方が深刻な状況にあると考えています。

フィリピンでは中国人への観光ビザ発行を停止し、中国(本土・香港・マカオ)から来た、フィリピン国籍(または永住ビザ)保持者以外の入国を禁止しました。

従って日本人も中国を経由した場合はフィリピンに入国できなくなります。

フィリピン国籍(または永住ビザ)保持者に限り、中国から来た場合でも14日間の検疫を受けることを条件に入国可能です。

 

平和ボケの日本には相変わらず中国から人が大量に入ってきていて、日本人感染者も増え続けています。

フィリピン国内では今のところ中国人以外の感染者は出ていません。

それで、WHO(World Health Organization: 世界保健機関)からの情報をベースに解説してくれているYouTube動画が大変参考になったので紹介します。

この話を元に、具体的にできる対策について以下にまとめました。

免疫力を高める

まず、ウィルスが体内に入っても免疫が強ければ駆逐されるので、日頃から免疫力を高めておくことが重要です。

例えば、毎日6~8時間の睡眠、適宜ストレス解消、適度な運動、栄養のある食事などが重要です。

マスクは普通のマスクでよい

コロナウィルスに対しては、一般に市販されている普通のマスクで充分に効果があるそうです。

3M社のN95という、北京などの空気汚染対策で有名になったマスクがありますが、コロナウィルスは大きなウィルスなので、別にN95マスクである必要はないそうです。
むしろ、N95は装着すると息苦しくなるマスクであり、外出中に常につけるマスクとしては使い勝手は悪いようです。

尚、使い捨てのマスクは、一日使ったら捨てるべきであり、繰り返し使うべきではありません。

眼鏡やサングラスもそれなりに有効

コロナウィルスは感染者のくしゃみにより3メートル先までは届くそうです。

目の粘膜からも感染するそうなので、マスクは絶対的な物ではなく、しないよりはマシと考えた方がいいでしょう。

その意味では、眼鏡も役に立つ可能性はあります。

コンタクトレンズと眼鏡の両方を持っている人は、しばらくの間は眼鏡を使い続けるようにした方がよいかもしれません。

手を洗うことが一番大事

ウィルスは何かに付着した後、何時間かは生き続けるそうです。

ということは、手に付いたウィルスもしばらくは生き続けていることになります。

そこで、WHOが推奨しているのは手を洗うことです。

家から帰ったら石けんでしっかりと手を洗い、そしてアルコールで消毒します。

また、外出時も消毒用アルコールを携帯し、頻繁に手を消毒することが推奨されています。

特に食事の前後や、近くに居た人が咳やくしゃみをした後などは消毒すべきでしょう。

手以外に消毒すべき物

手以外にも、スマホも時々、帰宅して手を洗う前にでも消毒した方がよいでしょう。

ティッシュなどにアルコールをひたしてスマホを掃除します。

眼鏡も同様にアルコール消毒した方がよいかもしれません。

それから、洗って再度使えるマスクを使っている場合は、アルコール消毒も行ってから陰干しして再利用します。

フィリピンで買ってきたアルコールの紹介

フィリピンでも、マスク同様、アルコールも薬局では既に品切れになっていることが多いのですが、2020/2/3現在、BENCH/とかスーパーにはまだありました。

一番良いのは、アルコール度数が70%と明記されている物です。

ダイソーとかMinisoに行けば日本の百円ショップ同様、携帯用のスプレー型容器が売っているので、これにアルコールを入れて持ち運びます。

そして外食の際の食前などに、手を消毒します。

食後など手がベトベトになった際はアルコールにより油も一緒に落ちてスッキリするので一石二鳥です。

他には、BENCH/というお店に殺菌率99.9%と明記されたアルコールジェルが売ってました。
香りが異なるようで、3種類ありました。

ただですね、何をもって99.9%としているのか不明なので、こういう数字はあまり信用できません。

最後は、今ではどのアルコール製品も品切れで置いていない、近所の薬局ワトソンズにて数か月前に買った品です。

一本の値段で二本ついてくるという、異常に安い品でした。

その他の対策

まず食べ物については、他人の咳やくしゃみによりウィルスが付着することがあるので、ビュッフェ形式の食事は避けた方がいいでしょう。

屋台などの、作り置きしてある食事も同じ理由で避けるべきです。

作り置きしていない料理を注文して新しく料理してもらうようにし、そしてなるべく火が通った食べ物を食べるようにします。

日本だと、回転寿司も気を付けた方がよさそうです。

 

それから、感染者との濃厚な接触(つまりディープキスとか)によって感染することも当然あり得るので、そこも意識した方がよいでしょう。

多少なりとも風邪っぽい人とは濃厚な接触は避けるようにします。

まとめ

コロナウィルスに対する一番大事な対策は、アルコールによる消毒の徹底です。

一方、マスクが入手できなくてもさほど悲観することは無さそうです。

 

ブログランキングに参加しています。
いつも応援クリックありがとうございます。励みになります。
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

RSS (feedly)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。