memoQの方がTradosより使いやすい件

翻訳支援ツールと言えば、一番有名なのはSDL社のTradosでしょう。

私もTradosを最初に買いました。(バージョンは、今は2017を使っています)

しかし、その後、契約している翻訳会社がmemoQを使っていると知り、memoQも購入しました。

それで、Tradosに比べてずっと安く購入できるmemoQが、実はTradosよりずっと使いやすいことが分かったので、今ではmemoQばかり使っています。

校正(Revision)の仕事をする際も、memoQを使うことで効率が3倍増しぐらいになった印象です。

 

memoQだと、現在編集中の原文・訳文を上下に表示できる

以前、「Tradosが使いにくい理由」について書きました

ここに書いた問題が、memoQには存在しません。

理由は、memoQの設定で、現在編集中の原文・訳文を、上下に表示するか、左右に表示するか、選べるからです。

上下に表示した方が、原文と訳文とで対応するフレーズの距離が近くなるので比較しやすく、訳漏れが発生しにくいのは言うまでもありません。

結果、比較的短い文であれば、memoQのエディタ上だけで作業が完了します。

長い文だったり、構造が複雑な文であれば、秀丸などのテキストエディタにコピーして作業した方が効率よく確実に作業できます。

 

一方Tradosの場合、原文・訳文の全てが左右に表示されるので、文の長短に関わらず、テキストエディタにコピペして作業しないと厳しいものがあります。

だから、Tradosで作業すると、memoQで作業するよりもスピードが遅くなります。

翻訳のスピードはそのまま収入の額につながるので、Tradosを使うと収入が減ってしまうと言っても過言ではないかもしれません。

いずれにしても、遅かれ早かれTradosとmemoQの両方が必要になるのだろうとは思いますが、
まだ勉強中の人が最初に買うのはmemoQの方がいいんじゃないかと思います。

memoQの方がずっと安いですしね。

 

ブログランキングに参加しています。
いつも応援クリックありがとうございます。励みになります。
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

RSS (feedly)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。