「英語を使う仕事をしたい」という転職理由はアリか

英語を使いたいからという転職理由は通常NG

私は過去に数回、転職をしています。

初回は、日系企業から外資系企業への転職でした。

面接で必ず聞かれる「なぜ転職するのですか?」という質問に対し、その時は「英語を使った仕事をしたいからです」と答えていました。

そしたらですね、とある大企業での二次面接で、「英語を使わなくなったらどうするんですか!? 辞めるんですか?」と激しく突っ込まれて、返答に困りました。

最初からずっと怒ったような面接官で、「これが圧迫面接か・・・」と軽くショックを受けました。

ただ、彼の言っていることは正論です。

外資系企業であれ、日本語しか使わない仕事は山ほどあります。

この頃は、まだ自分も若くて、外資系企業に勤めたことがなかったので、よく分かってませんでした。

幸い、次に面接をした会社では、すんなり転職が決まりました。

こちらが言った「英語を使った仕事をしたいからです」という言葉に対しては、その企業の面接では笑顔でスルーされたように思います。

企業側のニーズと、こちらの過去の職歴やスキルがマッチしていたから結果的にたまたまうまく転職できましたが、今だったらもっとまともな転職理由を考えると思います。

何より、面接を受ける企業のことをよく調べて、それに合わせて面接に望むべきであり、つまり質問に対する回答も、相手によって変えることを考慮すべきでしょう。

フリーランスの在宅翻訳者

英語を使った仕事をしたいなら、翻訳という選択肢があります。

 

これをフリーランスで自宅で行えば、満員電車はもちろん、痴漢だの、セクハラだの、パワハラだのの被害に遭いにくくなります。

そんなわけでフリーランスの在宅翻訳者は、特に女性には注目されているんじゃないかと思います。

外国人と結婚して海外に住んでいる日本人女性も、フリーランスで翻訳をしている人は珍しくないと思います。

私がフリーランスの翻訳に転向したい一番の理由も、日本を脱出して海外で生活したいからです。

まとめ

海外に興味があって、語学に関連した仕事がしたいなら、翻訳はいいかもしれませんね、という話でした。

英語を使いたいという理由だけで外資系企業に勤務しようと思っても、うまくいかないことはよくあります。

 

ブログランキングに参加しています。
たまにクリックしていただけると励みになります。
また、同じトピックの上位ランキングブログがご覧いただけます。
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

RSS (feedly)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。